12月5日(木)子どもの気持ちが切り替わる声かけのコツ

 

もっと遊びたい!!

帰りたくない!!!

そんな風にお子さんたちが泣いたり、わめいたりした経験もあると思います。

 

子どもは時間間隔が未熟で、未来を見越して、今何をしたらいいのかわかりません。感情で動くので今したいことをします。そんな時に、正論で訴えても、響かないためイライラするばかり…

では、どんな風な声掛けをしたら気持ちが切り替わるのでしょうか?

 

今月も中越こずえコーチに教えていただきました。

 

 

いちばん大切なことは、心を満たすということなんだそうです。

満たされるから、次の行動に行くことができます。

 

心を満たすために、遊んでいる場合だったら、一緒に心から遊びこむことが大切なんだそうです。

お子さんたちが遊んでいる間にスマホをみたり、他のことをしたりすることもあるでしょう。ずっと全力で遊ぶことは困難です。5分でもいいので、心から遊んでみてください。そうすることで、短時間でも相手が満たせれ、自分の時間ももてるようになってくるそうです。

 

 

例えばお子さんたちが工作をしている時に、こうしなさい!そうじゃないでしょ?というふうに注意や過度な心配をすると、お子さんたちも満足度もあがりません。

 

その時は、インタビューごっこをしてみてください。

これはどうやって作ったの?

こんなにすごいことがどうやってできたの?

こんな風にお子さんたちにヒーローインタビューをしてみると、お子さんたちも話すことで、こうしたからこうなったんだと無意識にしていることを分析でき、再現性も高くなります。

 

中越コーチより

 

心を満たすことは大人も大切。

家事をしたり、育児をしたり、仕事をしたり…普段当たり前にしていることは、実はとってもすごいことなんです。

寝る前に自分に感謝して、今日もがんばった自分をほめてください。

 

これはこどもたちも一緒です。日中どんなに暴れようと、イライラすることをされようと、寝る前には、今日もありがとう、大好きだよ、という気持ちを伝えることで、寝ている間に心が満たされ、心が安定してきます。

少しずつから初めて見てくださいね。

 

2019年の中越こずえコーチのコーチングは今回で終了です。

 

来年1月からも開催しますので、子育てが楽しくラクになるコツをぜひ見つけに来てくださいね。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。