11月10日(日)パパコーチング

 

てくるんで唯一の男性だけのイベント

「パパコーチング」

 

今回もお父さんたちにご参加いただき、中越こずえコーチと、熱い1時間30分になりました!

 

 

 

 

 

子育てに限らず、ダメな所に目がいってしまい、ダメなことを注意してしまうこともあると思います。

 

お子さんができていないこと、ダメなことがあっても、できていることもあるはずです。

 

おとなしくしないお子さんに対して、この子は活発な子なんだな、それを伸ばすようにしてみよう。

ゲームばかりして困るというお子さんに対しては、好きなことがあるのはいいことだな、では、プログラミングなどのPC関連には興味を示すかもしれないな。

という風に、ダメなとことをなおすのではなく、良いところをを伸ばすことで、お子さんの能力ややる気をさらに引き出すことができるとそうですよ。

 

 

 

お父さんたちに以前お伺いしたときに一番多かったお悩みが叱り方。

叱り方も上手になるコツがあるんです。その中から1つお知らせしますね。

 

さわるな!

やめろ!!

何かを注意するとき、即説教することはありませんか?

ダメだと思うことであっても、その行動には理由があります。小さいお子さんは言葉できない思いをかかえているかもしれません。

頭ごなしに怒るのではなく、どうしてそんな行動をしたのかお子さんたちの話を聞いたり察したりすることが大切なんだそうです。そうすることで、理解しようとする気持ちがお子さんにも伝わり、親に対しての安心感もうまれてくるとのことでした。

 

中越コーチより

 

なかなか家族と一緒に過ごす時間がとれず、子育てを奥さんに任せることが多いというお声を聴きましたが、いい子育てにおいてとても大切なことは夫婦関係、パートナーシップです。

お子さんと接する時間が長いお母さんたちの心が満たされていたら、子どもに対してもおおらかに接することができ、お子さんたちを伸ばす関わり方ができるようになります。

お母さんのケアはお父さんにしかできません。お子さんたちに対してはもちろん、ぜひお父さんにしかできないことを実践していってくださいね。

 

 

 終わってからみなさんに書いていただいたアンケートもとても細かく感想を書いてくださっていて、お子さんに対しても、ご家族に対してもあたたかな想いが伝わってきました。

 

このような機会を今後も設けていきたいと思いますので、みなさんもぜひご参加くださいね。