8月22日(月)わくわくサイエンス!科学実験教室

 

 

てくるん1年目から毎年開催している

こちらのイベント、

リピーターの方から

初めててくるんに来た方まで、

今回も多くの皆さんにご参加いただきました!

講師はおなじみの安藤公子先生。

実験を説明し、予想をさせて、その理由をお子さんの言葉で述べてもらいます♪

 

先生が前で話して実験するだけでなく、お子さんの席に近づいて予想の理由を聞いたり、はかりのメモリを読ませたりと、距離が近く親しみやすい教室なんです☆

こういった部分も学校の授業とは雰囲気が違って、自発的に実験の予想を考えられますね^^


お砂糖やおせんべい、自分の体重などなど、身近なものの重さを繰り返し実験!

今まで当たり前に感じていた「重さ」を、実験を繰り返すうちに「なぜ・どうして?」と感じ、自然と考えるようになります♪

 

時間が経つにつれてお子さんたちの目がキラキラして、夢中になっていましたね☆

 

最初よりもどんどん大きな声を出したり、勢いよく挙手をしたりするようになり、積極的に意見を述べるお子さんの姿が見られました^^


途中で休憩時間を5分はさみましたが、その間もお子さんたちは器具に駆け寄り、体重計に乗ったり、はかりに文房具を乗せたり、天秤を使ったり、楽しそうに実験を繰り返していましたね^^

 

お子さんたちの自主性が垣間見えた瞬間でした☆


イベント終了後のアンケートでは、

お子さんは「実験が楽しかった」「考える力がついた」

保護者の方は「次回もぜひ参加したい」「子どもが楽しみながら学べたようだった」

といったご感想をいただきました♪

夏休みの思い出の一つになれば幸いです^^

ご参加ありがとうございました!

 

イベント報告に戻る