4月10日(日)おもちゃ病院

 

定期的に開催している「おもちゃ病院」

 

今回も6名のおもちゃドクターのみなさんにご協力いただきました。

 

 

おばあちゃんに買ってもらったたいせつなおもちゃ。

 

壊れて遊べなくなっていましたが、おもちゃドクターが時間をかけて壊れた部分を修理してくださいましたよ。

 

久しぶりに動いている所をみて、うれしそうでしたね。

 

 

 

この「おもちゃ病院」は、おもちゃをなおすだけではなく、おもちゃを修理する過程を親子で見ながら、ものを大切にする気持ちを育んでほしいという願いで、おもちゃドクターのみなさんが取り組んでいらっしゃいます。

 

 

もちろん、修理が不可能なおもちゃもあります。

 

しかし、壊れた原因が何かを丁寧に説明してくださるので、みなさん納得なさって、もっと大事に扱おうという気持ちがうまれてくるとおっしゃる方が多いようです。

 

 

バラバラにしてしまったおもちゃ。

音がならなくなったおもちゃ。

ぽきっと折れてしまったおもちゃ。

動きが悪くなってしまったおもちゃ。

 

いろいろなおもちゃがおもちゃドクターのみなさんの手によって修理されました!

 

大切な、大切なおもちゃ。

 

これからも大事に遊んでくださいね。

 

ご参加いただいたみなさん、

おもちゃドクターのみなさん、

ありがとうございました。