4月7日(木)過保護・過干渉な親にならないコツ

 

今回の中越こずえコーチのテーマは

「過保護・過干渉な親にならないコツ」 です。

 

つい手も口も出してしまうのは、愛情があるからこそ?

良かれと思って?いい子に育てたいから?

過保護・過干渉な親は、子どもへどんな影響があるのでしょうか?

こずえ先生に、いくつか例を挙げていただきました。

その中で2つピックアップしました。

 

×うまくいかなかったら親のせい、人のせいにするなど、責任転嫁をするようになる

×ストレスを溜め込み、一気に爆発するなど、キレやすくなる

 

そうならないための大事なポイントを4つ教えていただきました。こちらも2つピックアップします。

 

子どもの言動を笑顔で見守り、「どうしたらいいと思う?」と自分で考えられるようサポートしてあげる

親が自分の不安と向き合い、自身の不安をリストアップし、簡単なことから解決に向けて行動してみる

 こずえコーチより

 

子育てをしながら親も人間的成長をしていきます。過保護・過干渉になってしまっても自己否定せず、子育てを通して自己成長が出来るチャンスと捉えてみましょう!

子どもは親を幸せにするために生まれてきています。子どもと一緒に幸せになっていきましょう♡

 

親が自分自身の不安と向き合うことは簡単にできることではなく、難しいかもしれません。ただ大事なことなので、まずはやりやすいことから始めて、少しずつ不安と向き合っていってください、とこずえ先生はおっしゃっていましたよ。

 

次回のコーチングは5月12日(木)10:30~12:00

「自己肯定感アップ!4つのコツ」です。お楽しみに☆