9月2日(月)子育てコーチングセミナー

 

夏休みも終わり、少し自分の時間が持てるようになったというお声もお聞きしました。

 

2か月ぶりに中越こずえコーチによる子育てコーチングセミナー、満員御礼で開催です!

 

 

今回のテーマは、「自分で考え、行動するようになる!声かけのコツ」です。

 

自立した大人に、責任ある大人になってほしい。

そのためにも自分で考え行動するようになってほしい。

 

しかし。

早く片づけなさい!!

幼稚園に行く準備したの?

トイレ行ったの?歯磨きしたの?

 

こんな風に、これしなさい!あれしなさい!ということが多くありませんか?

指示命令されたり、干渉されすぎると、いうことを聞いていた方が楽だからと自分で考えることをしなくなってしまうことにもつながっていくそうです。

 

 

幼稚園に行く準備したの?

と声をかけるのではなく、

幼稚園に持っていくタオル、どちらにする?

そろそろ歯を磨く時間だけど、どうする?

 

というように、お子さんたちの考えを聞く質問をしてみてください。

準備したの?という声掛けでは、小さいお子さんには何を準備したらいいかわかりません。小さいうちは2択くらいから選べるような質問をした方がいいそうですよ。

自分の考えを来てもらえた、自分で選べたということが、自信やこころの満足感につながり、けじめのある行動のエネルギー源になっていきます。

 

うまくいかないこともあるかもしれませんが、そこに注目するのではなく行動できたこと、できたことをしっかりと伝えてあげることも自信を育てるために大切なんだそうです。

 

 

考える力を身に着け、自分に対する自信を持ったうえで、褒めた後は、

歯磨きできてるね、次は何をやるんだった?

つみきが上手に積めてるね。次はどこに置こうか?

といったレベルアップを促し、ふさわしい方に導く質問をしてみます。

 

誉めることでやる気は出ますが、どうしてもやる気があっちこっちに行ってしまいがち。促してあげることで、次にステップに進むことができるそうですよ。

 

 

中越コーチより

 

こうした質問を日常的にしていくことで、親に聞かれなくても考えられる、思考の癖がつくようになっています。

 

正しい答えをさせるためでなく、自分で考えるということが、自分で考えて行動することにつながっていくんです。

親もお子さんたちがどのように考えているかわかる機会になりますし、そのあと、ママはこう考えているんだよ、と伝えることもできます。

 

まずはできるところから。長い目で見て声かけしていってくださいね。

 

子育てコーチングセミナーは、託児をつけることができるイベントです。

1時間30分お子さんは託児スタッフのみなさんと楽しく。

お父さん、お母さんたちは、自分の時間としてしっかりとご参加いただけます。

 

まだ預けたことがないというお声もよくお聞きしますが、すぐ近くのスペースで託児を行っていますので、ぜひ機会がありましたらご利用くださいね。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。