8月2日(木)てくるん科学教室

 

夏休みの恒例イベント、「てくるん科学教室」

 

今年も年長さんから小学生の皆さんがたくさん集まってくれましたよ!

 

 

テーマは「分析」

 

色や光がどのように作られているのかを実際に実験しながら調べていきました。

 

今回も講師はえひめ理科の会会長の清田公典先生です。

 

    

 

身近なものを使った光の実験。

 

実際にてくるん内を暗くして、虹の仕組みを教えていただきました。

 

そして、色の分析は実際にお子さんたちにしてもらいましたよ。

 

サインペンの色がどんな色が混ざり合ってできているかの実験です。

 

水につけることで、だんだんとサインペンが様々な色に分離していきました!

 

何色もの色が交じり合ってできているのを自分の目で見て、自分の手で確かめて。

てくるんの科学教室は、お子さんたちが自分たちで調べることを大切に開催しています。

 

 

 

身近な所にも科学はあふれています。

 

なぜだろう?どうしてだろう?と様々なものに興味を持ってみてくださいね。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。